スポンサーリンク
1.オスマン帝国の皇族

母后ハンダン・スルタン は摂政になってアフメト1世を動かした

ハンダン・スルタンはオスマン帝国の皇族。 13代皇帝・メフメト3世の側女、そして14代皇帝・アフメト1世の生母です。 アフメト1世は13歳で即位しました。そのため母后(ヴァリデスルタン)のハンダン・スルタンが摂政になり大きな影響力を...
1.オスマン帝国の皇族

サフィエ・スルタン は オスマン帝国の政治と外交を動かした母后

サフィエ・スルタンはオスマン帝国の12代皇帝ムラト3世の側女。 13代皇帝・メフメト3世の生母です。 ムラト3世から信頼され、政治や外交で相談相手になり。メフメト3世の時代には墓号として大きな力を持ち政治や外交を動かしました。 オ...
ギリシア

セレウコス1世・大王の遺産をうけつぎセレウコス朝を建国した将軍

セレウコス1世は古代ギリシャのマケドニア王国の武将。 アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)に仕えた将軍です。 アレクサンドロス3世の死後、セレウコス朝を建国、現在のトルコあたりを支配しました。ニカトール(ギリシャ語で勝利王の意味)...
スポンサーリンク
インド

ラクシャサ(マガダ国宰相)はチャーナキヤに抵抗し続けたライバルだった

ラクシャサは古代インドの政治家。 マガダ国の宰相です。 ナンダ朝で大臣をつとめ後にマウリア朝で宰相になります。 ラクシャサとは仏教でいう羅刹の意味です。 ラクシャサは古代の部族の名前とも言われますが、アーリア人が侵入後は鬼にされてし...
インド

ダナ・ナンダはチャンドラグプタに王位を奪われたナンダ朝最後の王

ダナ・ナンダはナンダ朝の最後の王。 ナンダ朝は紀元前4世紀頃にインドのマガダ国を支配した王朝です。 チャーナキアが育てたチャンドラグプタが挙兵すると一度は退けました。 でも最終的には首都を占領され王位を奪われてしまいます。 ナンダ朝...
ギリシア

ブケパロス(ブーケファラス)はアレクサンドロス3世とともに戦場を駆け抜けた愛馬

ブケパロスはアレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の愛馬です。 他にもブーケパロス/ブーケファロス/ブーケファラスなどの表現方法があります。 日本ではブーケファロスと書かれることが多いです。 アレクサンドロス3世が子供のころから愛...
ペルシア

ドリュペティス|バルシネの妹はヘファイスティオンと結婚

ドリュペティスはアケメネス朝ペルシアの王女。 ペルシア王(シャー)ダレイオス3世の娘です。 ペルシア帝国がアレクサンドロス3世率いるギリシア軍に敗北した後。 アレクサンドロス3世の腹心ヘファイスティオンと結婚しました。 ドリュペティ...
1.オスマン帝国の皇族

キョセム・スルタン|3度の摂政でオスマン帝国の権力を握った最も偉大な母后

キョセム・スルタンはオスマン帝国の母后(皇帝の母)。 14代皇帝・アフメト1世の妃になり多くの子供を生みました。 息子のムラト4世が即位すると幼い皇帝のかわりに政治を行います。オスマン帝国史上初めて女性で摂政になり帝国の権力を握りました...
ギリシア

アレクサンドロスは同性愛者だったの?ヘファスティオンとの関係は?

マケドニアの国王・アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)はアケメネス朝ペルシアを倒し、エジプトやインドの一部まで勢力範囲にした大帝国を作りました。 ところがアレクサンドロス3世には同性愛の噂がつきまといます。 腹心で親友だったヘファ...
インド

バムニ王:パウラヴァ国王でポロスの父のネタバレ

バムニ王は「ポロス・古代インド英雄伝」に登場するパウラヴァ国の国王。 ドラマではインドの伝説的な英雄ポロスの父親です。ポロスはアレキサンドロス3世(アレキサンダー大王)と戦った歴史上の人物です。 でも歴史上のポロスの父親はよくわかってい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました